HIGH ALTITUDE
MAGAZINE

ハイアルチを
体験していただきました!
杉山愛さん

インタビュー(前編)

2022年、12月「ハイアルチ東日本橋スタジオ」に元テニスプレーヤー、杉山愛さんが体験に来てくださりました。杉山さんは、日本人初のダブルス世界ランキング1位に君臨した、テニスプレーヤー。現役引退後は、解説者やコメンテーターとしても活躍し、テニスアカデミーでジュニアの指導も行っています。杉山さんがハイアルチを体験した様子はこちら(https://tarzanweb.jp/post-278853)から。ハイアルチ体験後、インタビューに答えていただきました。

画像

―ハイアルチを体験して、どのような感想を持たれましたか?
正直にいうと、ハイアルチで30分間、歩いて走っても「疲れ」は感じていません。心拍数やSpO2の数値を見ると、運動後にぐったりしてもおかしくないような数値にもかかわらず、ぐったり感がないのが面白くて新しいですね。まさに初めての感覚です。現役時代はジムに通っていましたが、引退してから運動習慣が全くと言っていいほど、ありません(笑)。

―現在は、コーチをなさっているとお聞きしました。指導をする時はたくさん運動するのではないですか?
あくまで指導する側なので、私自身が身体を動かすことはほとんどありません。
本当は運動が必要なのですが、なかなか運動する気になれないのです。

―杉山さんはプロテニスプレーヤーとして大活躍していましたが、引退後の現在、運動習慣がないのですか?
実はあまりありません(笑)。私は今47歳で、下の子どもが1歳。これから子育てを20年間ほどしなくてはならないので、そろそろ運動習慣を身につけないと体力が・・・。

画像

2023年からはテニス女子日本代表監督も始まり、海外の遠征もあるので、ハイアルチの体験はいいきっかけになりました。今、アスリート用の身体は必要ありませんが、元気でいたい。「キレイで元気でいたい」と思っています!

―杉山さんの「元気」とはどんなことでしょうか?
生きるエネルギーですね。息子、娘、夫からも元気をもらっていますが、エネルギーを上げるために運動をして「気力」を上げたいと思っています。ここだけの話、楽をして効果を得たいのです、私も。皆、同じだと思うのですが・・・。

運動を習慣化するには気力と時間も必要です。一方で、気力と時間を理由に運動をすることが遠のいてしまうこともありますよね。ハイアルチは時間を短縮できて、楽に身体を追い込めて、30分間で効果がある!まさに皆が求めているものだと思います。

(後編に続く)

画像